chezabiのブログ

旅が好き。グルメもワインもポイントも。

復興牡蠣

昨日、ユニ○○から丁重なお願いの電話があった。


ユニ○○には子どもが小さい頃から募金をしてきたのだが、
ここ数年は遠のいている。

途上国への立派な活動だとは思うが、末端の人に届くのが遠回り過ぎるのと
途中、いや、最後に地域の権力者が独り占めする事実もあり
歯がゆい思いがあったからだ。


昨年の東北の震災の時、友人と何が出来るか調べた。

その中で、数年前に旅行した三陸海岸の牡蠣漁が壊滅状態にあることを知った。
牡蠣のオーナーとして1口1万円を払うと、いつになるかわからないが牡蠣を送ってくれるという。
とても夢があるプロジェクトで、インターネットを通して家族のような感覚になるから不思議だった。


いつになってもいい。
送られてこなくてもいい。


そう思っていたら意外や意外!
牡蠣は大きく育ち、なんとゼロからの出発なのに1年後、オーナーにドンと届けられたのだ。

   

フォト


私、今まで美味しい牡蠣はお店か炭焼きで食べてきた。
生の牡蠣は処理したことなかったのだふらふら

夫と格闘して、グシャグシャ無残な姿の生牡蠣。三陸の皆さん、ごめんなさい。牡蠣の口を開けるのはすごく難しい...
      
フォト



美味しかったけど、残った牡蠣は蒸し焼きでいただいた。
こちらも十分美味しかった。

    
フォト
 

また機会があったら協力したいけど、その時は気持ちだけ受け取ることにしよう。