chezabiのブログ

旅が好き。グルメもワインもポイントも。

14課 て形

タイトルの「て形」は日本語教育の現場にいる方ならピン!とくるだろう。
来ます→来てください、見ます→見てください、読みます→読んでください(!)、の「て」
外国人の日本語習得の最初の難関である。
ここをクリアできると、急に日本語が出来るようになった気がするものである。
学習者だけでなく、教師側も緊張する課のひとつだ。

昨日は出来のいいクラスで「14課」の授業だった。


既習の動詞絵カードを全員でコーラス後、一人一人に配る。
「~します、の絵をください」と言ってⅢグループの動詞から集めてボードに立てかけていく。

こんな風に難関のⅠグループまで集めて「て形」のルールを押さえていく。


授業中盤では私がビール(中身は水)を飲み、チョコレートをバリバリ食べまくり、雑誌を持ち、だらけた格好で寝そべり、「皆さんもひとこと(~ています)言ってからどうぞ~」

間違えてもいいからどんどん発話させる。教室は騒然となる。


...私の英語習得には、これが欠けていたような気がする。
もったいなかったなぁ。



出来の悪い学生だった私と違い、マイミクでもあるアヤさんは優秀でカッコよかった。

フランス語の他、スペイン語も同じクラスだったアヤさんは、こちらも楽しんでいて、フラメンコを教室で踊っていたのを鮮明に覚えている。

彼女はイタリア生活も長くなり、今回のNHKスペシャルで通訳をするっていうので、当然、イタリア語かと思っていたらフランス語!?
http://www3.azaq.net/d/01/ayana.html?1276239976

今晩放映だそうです。